V-22墜落事故記事の翻訳

以前紹介したMilitary.comの記事の翻訳。随時追加および調整予定。

<ここから記事の翻訳>
砂塵渦巻く中、突然空から落ちるオスプレイ
2015年5月17日、ハワイのベローズ演習場にて、海兵隊のMV-22オスプレイが関わる事故を撮影した動画の一場面。この事故により搭乗していた2名の海兵隊員が死亡、その他20名が負傷したと伝えられる(国防総省による動画)。

Military.com | 2016年1月29日 | Hope Hodge Seck

着陸直前、不気味な静けさがあった。

手持ち撮影の揺れる画像の中、2機のMV-22Bオスプレイが丘を越えて姿を見せた。1機目のオスプレイはチェーンでつながれたフェンスの近くの小さな着陸エリアを目指してやって来る。垂直降下を行うためローターは上を向いている。地上数メートルまで降下した時、密度の高い茶色の砂塵が地面から巻き上げられ、機体の視界を奪った。砂塵がさらに規模を増した中にオスプレイの姿が見え、少し上昇をした。ブラウンアウト状態の中で機体は数秒ホバリングをしたが、左ナセルから炎がわずかに吹き出した。

そして、ローターはまだ回っていたが、機体は落下した。衝撃で右ローターは壊れて脱落し、地面を削り取った。

Military.comで入手した2200ページに及ぶ緊急調査書に記された目撃報告によると、この事故は2015年5月17日、ハワイ州ベローズの海兵隊訓練場で発生、搭乗していた海兵隊員2名が死亡、20名が負傷という状況が伝えられている。 調査書では、オスプレイが配備された第161海兵隊中型ティルトローター機飛行隊指揮官、アンドレアス・ラヴァート中佐および飛行隊が所属する第15海兵遠征部隊の指揮官、ヴァンス・クライアー大佐に対し、同機体のパイロットおよび担当員に訓練または指導を行うよう勧告している。

(続く)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中