核武装論について

(注:以下はこちらのブログのコメント欄 <http://blog.goo.ne.jp/raymiyatake/e/e3866e7f8f1eedc7b586859544b26ff6>にての議論に関わるものである。無関係の方には意味不明と思うがご容赦願いたい)

S氏へ

ん?「北朝鮮が攻撃しないということを保証できるのか」だって?
ということは、危険視しているということだな。じゃあやっぱり、北朝鮮が核を持つことは「悪い」と思っているのではないか。なら最初からそう言えばいいのに。

核を持ったら議論に意味がないというのは正しくない。「北朝鮮に理がない(悪い)」とすれば、外交上、「日本は平和を希望しているのに、あちらは危険度を高めようとしている」というスタンスが取れるではないか。
それなのに、日本が自国を守るために核を持つとなれば、「北朝鮮も自国を守るために核を持ったのだ。日本に文句を言われる筋合いはない」となる。つまり北朝鮮の核保有は「正しい」という理屈を与えてしまい、一切非難をすることができなくなる。同じレベルに堕ちてしまうということだ。こういう状況は日本にとって何か得があるのか?

日本が核を持てば、周辺国もまた同じ様に危険視する。そうなれば韓国など、他の国々も核武装を主張する可能性が出てくる。「自国を守るために」。緊張が高まるばかりだ。これのどこがメリットだ?

>中国、北朝鮮の核兵器が、日本に使われる可能性はないのですか

なんでこの2国限定なのかよくわからんな。

・アルゼンチンのロンドン空爆→ハードウェア的に不可能
・核兵器使用→政治的には困難。ハードウェア的には可能

よって性質が異なるものを、可能性の点でいっしょくたに扱うのは不適切だな。
核攻撃の可能性だけ言えばあるに決まっている。あくまで「可能性」だ。となれば、使わせないための巧みな外交が必要であろうし、味方してくれる国を増やすべきであろうし、最終的に可能性を無くすためには、核兵器そのものの減少および全廃が最も望ましい。それなのに核を増やしてどうするのだ。

「日本に核を持たせないために北朝鮮を利用」? こいつは予想外の解釈だ。いや驚いた。
まあ私は核などどの国にも持ってもらいたくないし、全ての核エネルギーも無くしたいと思っているから、大きな意味ではそう言えるのかも知れぬ。
だがそちらはどうなのだ。「中国と北朝鮮は核を持っていて危険→日本も核武装」これは、核武装させるために中国と北朝鮮を利用しているのではないか。外に敵を設定して危機感を煽るという古典的な手法だな。だから「扇動」だと言うのだ。
違うというのなら、その2国が他の保有国と比較して特別に危険であり、すぐにも日本を核攻撃する可能性が高いことを証拠を挙げて説明し、また攻撃の理由および目的も具体的に述べるべきだ。

また聞くが、核さえ持てば攻撃されないという「保証」がどこにあるのだ? そもそも武装すべしと言い出したのはそちらだ。攻撃されないという立証責任はまずそちらにある。

日本を攻略しようと思ったら、核など必要ない。すさまじく自給率の低い国だ。いくらでももっと楽な手段はある。

核武装などしても費用が嵩むだけだ。しかも通常の戦争の可能性が消えるわけではない。つまりやるだけ無駄だ。まず外交に注力するのが正しい方向性だと結論する。

(さて何と返ってくるかな……あちらのコメントに「頭にきている」と書いといたので、「感情的な人とは付き合えない」かな?)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中