ミサイル防衛について

とうとう小池百合子という極右政治家が知事に選ばれてしまった。論理でなくイメージに依ってのみ行動する人間がいかに多いかということだ。誠に残念である。

さてその小池が、以前東京に核ミサイルを設置しようなどという妄言を吐いていたそうだ。アホかという他はないが、それに同調するさらなるアホが多いのが現代日本の情けなさではある。

私の出入りさせてもらっている政治系ブログがあるが、そこにコメントを寄せた人たちがいる。うち一人をここで晒し物にしておこうと思う。

————————————————————————————————–
まぁ、わかりきった事だが (SAM)
2016-07-24 23:43:32
悲しいけどサヨクは9条教信者だからそう言う事がわからないんだよねミサイルと言うものは9条バリアなんかでは防げない、弾道ミサイルを防ぐ為にイージスシステムと連動したSM3があり更にPAC3がある。そして日本国を守る為に自衛隊があると言う至極簡単な事がわからないから。
————————————————————————————————-

このコメントに対し、私は次のように書いた。

————————————————————————————————-
捨てハンの可能性が高いSAM氏

「使徒と言うものは光子力バリアなんかでは防げない、使徒を防ぐ為にMAGIシステムと連動したエヴァンゲリオン初号機があり更に弐号機や零号機がある。そして日本国を守る為にNERVがあると言う至極簡単な事がわからないから」

単語を入れ替えても文章が成立してしまうな。貴公の言っていることはせいぜいこんなレベルだ。

なに? フィクションとは違う? それなら、ミサイル発射感知から破壊に至るまでの迎撃シークエンスをもっと詳細に説明してみせろ。話はそれからだ。
————————————————————————————————-

もちろん揶揄である。だが比べてみるといい。
「スーパーロボットがいるから日本は安心さっ」
「超高性能なミサイルがあるから日本は安心さっ」
何が違うのだ? 武装があれば安心だなどと、まったく小学生レベルだ。
ミサイル防衛というものはあちこちで欠点が指摘されているのに、何を脳天気なことを言っているのか。寝言は寝て言え。

いや待て。ひょっとするとちゃんとした知識や情報があって、それを元に書き込んだのかも知れぬ。そう考えて私は、7月中(2016年)にその撃墜に至るまでの過程を説明するよう氏に要求した。
残念ながら返答は一切なかったので議論放棄とみなし、改めてここでミサイル防衛の詳細について調べつつ勝手に論じようと思う。

なお確認しておくが、発端の書き込みのHNはSAM氏という。捨てハンの可能性は極めて高く、同名のHNもおそらくWebには多数あるだろうが、敢えてここでは初出のまま、変更もせずに扱おうと思う。

つづきます。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中