批評?

SYNODOSの記事「現代「保守」言説における救済の物語」http://synodos.jp/society/17157に対する批評っぽいものをWebで見つけた。

txt1

名前は敢えて省略したが、これで「言ってやった」つもりになってるのだろうか。

「そつくりお返し」?ふうん。元記事のどの部分がそれに該当するかの説明はしないんだ。

「お返し」したから何なのだ。そんなことをしても、「保守は異なる意見をきちんと取り入れてます」という証明はできない。せいぜい、お互いに同じレベルですねということが証明されるだけだ。

で、結論としては、保守には異なる意見・立場の人々と討議してよりよい方向を模索するという考え方はほとんど見られないという確認でいいのだろう。否定されていないのだから。

私もよくやるが、反射的な書き込みは後々恥ずかしいことになる。注意が必要ということで。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中